Japan Fisheries Journalists' Association

水産ジャーナリストの会


 
活動報告
水産ジャーナリストの会大賞
会  報
会の案内
リ ン ク
お知らせ
トップページ

2016年(第23回)
水産ジャーナリストの会大賞


 

濱田武士著

「魚と日本人~食と職の経済学」

(岩波新書)

 


   魚類の消費量が肉類の追い上げで、ほぼ肩を並べたのは、世紀の変わり目を経たころだが、その後も魚類の衰勢は止まりそうにない。米国の新政権が、対日FTA(自由貿易協定)に注力し、魚類・乳製品で「米国第一」策を強行すると、その影響は魚類にも多く出てこよう。
 ゆたかな漁場を足場に築き上げた魚食文化・ニッポンの再生・復興はどうなるのか。著者は前書の「日本漁業の真実」(ちくま新書、2014年)では、さかなの資源問題に視座をおいたが、本書では一転、それを担う「人」に照準を合わせて、問題を抽出する新鮮な手法を取っている。
 「序章」のあと、第1章は「食べる人たち」、次の第2章はスーパーや鮮魚店など「生活者に売る人たち」、第3章が「消費地で卸す人たち」で、テレビでなじみの荷受、仲卸、セリ人も、この中の人たちである。
 他方、第4章は「産地でさばく人たち」として漁港に揚がった魚を、市場の荷受が都市への輸送、加工場などにどう捌くか、最後の第5章は漁場の漁師だが、著者はあえて「漁(すなど)る人たち」と名付けている。
 少なくとも、章の名称に和語系の言葉を用い、消費とか需要など硬派の用語を避けたことは、著者の言語感覚の鋭敏さを示す。一般書として出色のアイデアである。「漁る」の章で、利害・衝突を避け、複雑な制度について、そのエッセンスをカツオの一本釣りなど主要な漁法の体験を交えて、呑み込みやすく説明していることも本書の特色のひとつにあげられよう。
 究極、著者は方策として、食べる人を減らさぬようにするための「魚食普及」活動への官民の取り組み強化に期待をつなぐ。
 が、それと同時に食べる人たちに、時に漁場で働く人たちを含めて魚食系全体への創造力を働かせてほしいと特記している。驥尾(きび)に付して同感の意を表したい。
 

 
 

年 度 賞 と は


 その年の水産業の振興・国民的理解を深める活動(個人及び団体)に対しその功績を顕彰し「水産ジャーナリストの会年度賞」を贈呈する。


 
過 去 の 受 賞 者

年度賞の軌跡


第22回年度賞

 

静岡新聞社

南日本新聞社

宮崎日日新聞社


八木景子監督


第21回年度賞


福島県漁業協同組合連合会


南日本新聞


報道記事

第20回年度賞


水産工学研究所

第19回年度賞

2012年度賞

株式会社OHガッツ


栃木県立馬頭高校水産科


第18回年度賞


東京農業大学
名誉教授 小泉武夫 氏


第17回年度賞


水産総合研究センター養殖研究所


北海道厚岸翔洋高校


第16回年度賞


NPO法人海の森づくり推進協会


株式会社旬材


 
 

©水産ジャーナリストの会 2009  All Rights Reserved.