Japan Fisheries Journalists' Association

水産ジャーナリストの会


 
活動報告
水産ジャーナリストの会大賞
会  報
会の案内
リ ン ク
お知らせ
トップページ

2018年(第25回)
水産ジャーナリストの会大賞


 

日本経済調査協議会

第2次水産業改革委員会
委員長 高木勇樹氏

 


  授賞理由  
  ・・・・・  
  漁業法の制定から68年。
日本の漁業・水産業は長期低迷に陥っており、制度・システムの抜本的な改革が求められています。漁業界の内部から有力な解決策が示せないなか、日本経済調査協議会第2次水産業改革委員会(高木委員会)は中間提言で、新たな制度・システムの具体像を提示しました。
海洋と水産資源は国民共有の財産とするとともに、科学的資源管理による持続的資源利用や譲渡可能な個別割当(ITQ)の導入、漁業権の廃止と漁業許可制への移行など7項目の提案は、日本漁業の進むべき道筋を示しており、国の水産政策の改革に大きな影響を与えて点で高く評価されます。
高木委員会は2007年にも抜本的な改革を求める緊急提言を発表しており、一連の活動に対し、水産ジャーナリスト賞を授与します。
 

 
 

年 度 賞 と は


 その年の水産業の振興・国民的理解を深める活動(個人及び団体)に対しその功績を顕彰し「水産ジャーナリストの会年度賞」を贈呈する。


 
過 去 の 受 賞 者

年度賞の軌跡


第24回年度賞


垣添直也氏


第23回年度賞


濱田武士氏


第22回年度賞

 

静岡新聞社

南日本新聞社

宮崎日日新聞社


八木景子監督


第21回年度賞


福島県漁業協同組合連合会


南日本新聞


報道記事

第20回年度賞


水産工学研究所

第19回年度賞

2012年度賞

株式会社OHガッツ


栃木県立馬頭高校水産科


第18回年度賞


東京農業大学
名誉教授 小泉武夫 氏


第17回年度賞


水産総合研究センター養殖研究所


北海道厚岸翔洋高校


第16回年度賞


NPO法人海の森づくり推進協会


株式会社旬材


 
 

©水産ジャーナリストの会 2009  All Rights Reserved.