白石農園

<東京の市民農園>
 人口が密集する東京23区内には農地がほとんどない。行政や農協が設置する市民農園には、農業を趣味にする市民の行列ができている。23区内の市民農園が借りられず、100km以上も離れた農地に通う市民も多い。
 今回、取材する練馬区も1970年代初めまでダイコンの産地だったが、現在は住宅地に変貌、市民農園は減少した。区では農地を市民農園として開放する農家に施設整備費や管理・運営費を助成。現在、区内には農家が経営する市民農園が12ヶ所できている。
 白石農園が開設する「大泉 風のがっこう」はそのひとつ。学校ではオーナーの白石氏が、農業知識のない生徒に農業技術を指導している。白石農園周辺にある住宅地の価格は1㎡当たり23万6,000円(2007年公示地価)。日本一で最も高い農場のひとつである。
 
<白石農園の概要>
■ 所在地 :東京都練馬区大泉1-44-14
■ 農園主 :白石好孝(しらいし・よしたか)
■ 経営面積:1.3ha
  体験農園「大泉 風のがっこう」:0.5ha
  自家栽培農地:0.8ha(有機・減農薬栽培)
■ 栽培品目:野菜(露地、ハウス)30種類
■ 野菜の販売手段
  直売所「こぐれ村」のほか、スーパー、百貨店で販売
  農場に隣接するレストラン「La毛利」で使用

<体験農園「大泉 風のがっこう」の概要>
■ 所在地 :東京都練馬区大泉1-44-14
■ 開設時期:1997年
■ 体験農園面積:0.5ha
■ 1区画面積:30㎡(合計125区画)
■ 利用期間:3月下旬から1年間(5年まで更新可能)
■ 利用料金:年31,000円(指導料、農機具、肥料、種子、収穫物の代金などを含む)
  練馬区民以外は43,000円
■ 利用対象:20歳以上(小学校生を除く)
 (注)練馬区が管理し市民が自由に農産物を栽培する農園を「市民農園」、農家が開設し、農家が利用者に農作業を指導する農園を「体験農園」と呼んで区別している。

<白石好孝氏プロフィル>
 1954年、東京で300年続く農家に生まれる。1991年、生産緑地法(Productive Green Land Law)の施行で農業を続けるか、住宅地に転用するか選択を迫られる。農業を続けることにしたが、周辺は住宅街。周辺住民の理解を得る必要があった。97年に練馬区と折衝し体験農園を開設した。「体験農場は住民の理解を得るためで、本業は農家」と白石氏は言っている。
 2003年にNPO法人「畑の学校」を設立して主宰に。教育・福祉事業として小中学生の農業体験を指導。2004年には米国の「持続可能な農業教育を進める会(SAGE=Sustainable Agriculture Education)」と日米シンポジウムを開催。2007年には白石農場の脇にイタリアンレストラン「La毛利」をオープンした。                                                 

 ホームページ